時々、富裕層の方から「仮想通貨の偉い人(作っている・売っている側)の話を聞いて興醒めした。」との話を聞きます。

一体なぜ…?

掘り下げていく内に新たな視点が出てきました。

仮想通貨に興醒めする理由

どうやら、「今の仮想通貨は価値があるものだと思わせて価格を上げているだけだからだ。」との考えが興醒めの理由とのこと。

確かにその通りだから否定もできないし、気持ちも分かる(。-_-。)

「仮想通貨≒貨幣」だけど、まだイコールとも言い切れない。

しかし、私はふとあるものが浮かぶのでした。

仮想通貨の商品化

もしも、仮想通貨がお金の代替とはならずに宝石のような商品となったらどうなるでしょう?

ダイヤモンドは炭素の塊ですが、高い価格で取り扱われています。

ルビーもアクアマリンも、冷静に考えたらただの石っころです。

宝石は数が限られているから高い価格がつけられているわけですが、仮想通貨にも数が限られる時がきたら…?

信用以外の価値

商品化の話は置いといて、今の仮想通貨が「信用価値」であるのは確かです。

ただ、金塊のように用途が広がり、仮想通貨でしか手に入らないものが増えてきたら、信用価値だけでは済まなくなります。

何より、一番大きいのは「仮想通貨が正式にお金の代替となった時」です。

現時点で仮想通貨による支払いは実際にあります。

まだ普及したとは言い難いですし、政府の考えや法律もまだハッキリとはしていませんが、「10円玉では買えません、仮想通貨でお支払いください。」と言われる時代がきたら、仮想通貨はもはや信用価値だけではなくなります。

今の100円玉や10円玉が100年後には高くなるかもね!(*´ω`*)♪

まとめ

動かない富裕層がいるのは「リスク回避(より確実なメリットが欲しい)」が主な理由みたい。あと、「何かを提供して人に喜ばれながら稼ぎたい(奪い合いは嫌だ)」との考えもあるそうな。得るものを得たら、そのような考えになるのも分かる気がする。もちろん、他にも色々と理由はあるみたいだけど(一部のお金持ちが仮想通貨に投資しない理由)。

そういえば、AIが「病院が減れば、病気は減ります。」と言っていたのが興味深かったな~。

 

仮想通貨が信用価値である間は、信仰・思想・価値観によって揺らぎそうです。

私は未来と技術に投資するけど(*’▽’)◎彡

仮想通貨投資で得られるものを数えたら一石八鳥だし(笑)

答え合わせは未来にて。

終わり