仮想通貨「ビットコイン(BTC)」に関するニュースや情報、イベント等をまとめてみました(*´ω`*)♪

随時、追加・更新をしていきます!

不足している情報があれば、お気軽にコメントください。

2017年11月のニュース

市川海老蔵がSNSへ投稿

芸能人の市川海老蔵さんがSNSに「ビットコインを購入した」と投稿!

「株の代わりにビットコイン」との意識も広まっていきそうな予感です。

成田屋、いえ梨園の至宝・市川海老蔵さんがビットコインを買ったとSNS上で表明しています。「お、やるな」と率直に思いました。興味があることを試すって、ホント「言うは易く行うは難し」です。

出典:プロ視点で考える「市川海老蔵さん、ビットコイン購入」のポイント=高梨彰

四川省の電力問題

ややマイナスなニュースですが、中国の四川省ではビットコインマイナーへの電力提供を停止させるとの噂が出てきています。中国はアメリカに対抗するためビットコインのマイニングを進められないようにしているとのウワサもあります。

四川省は地理的、気候的条件から水力発電が盛んです。このためビットコインのマイナーも少なからず四川省に立地しています。しかし「ビットコイン・マイニングは違法行為なので、それに電力を提供することも違法行為だ」という四川省の役所の内部文書がネットに出回りました。後になって「あの文章はあくまでもドラフトであり、その記述には間違いも含まれている」という関係者の見解が金融誌、『財新』に紹介されました。いまのところ、これは四川省だけの問題であり、全国的な禁止ではありません。

出典:「中国の電力会社がビットコインのマイナーに低廉な電力の提供を止めた!」という噂について

BTCの先物を上場か

ビットコイン(BTC)先物が上場するとビットコインの価格が上がることがあるようです。CMEでのビットコイン先物取引は早ければ12月からスタートするのではないかとの情報もあります。

(ブルームバーグ)取引所運営の米Cboe・グローバル・マーケッツは仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)を見据えている。

CMEグループは先週、年内にビットコインの先物を上場する計画を明らかにした。Cboeのエド・ティリー会長兼最高経営責任者(CEO)は7日の決算説明会で、「透明な市場を提供することにCMEが同じ利益を見いだしても驚きはない」と語った。

出典:日刊工業新聞「【電子版】ビットコイン、先物の次はETF-米シカゴ・オプション取引所社長」

BTGが上昇

ビットコインシリーズで新たにビットコインゴールドが誕生しましたが、一気に10万円にまで上昇するなど激しい動きを見せました。海外のビットコインゴールドの予想もユニークでしたね!

ヒロデンの動き

弘前市にある電気設備工事業『ヒロデン』がビットコイン決済を試験導入だそうです。

弘前市の電気設備工事業「ヒロデン」(松川健二社長)は、インターネット上で流通する仮想通貨「ビットコイン(BTC)」で工事費用を支払える決済サービスを試験的に導入した。

出典:陸奥新報「弘前の企業がビットコインの決済を試験導入」

ニューヨークの幼稚園

なんと、ニューヨークの幼稚園が保護者からの要望によりビットコイン支払いを導入しました!

しかも、クレジットカード払いよりも手数料が安く済むとのこと。

シオッカ氏は、支払いの利便性、手数料の低さ、取引のスピードを鑑み、ビットコインを支払い方法の一つに加えることに決めた。

 この学校では、受け取ったビットコインはすぐ法定通貨に両替して、相場リスクを避けている。両替に1%の手数料を払うが、クレジットカード会社が課金する手数料に比べたら、はるかに下回る。

 さらに、クレジットカードは支払い不能が起きることがあり、追加手数料が発生してしまう。そのため、この学校ではクレジットカードでの支払いを受け付けていない。ビットコイン以外では、現金、小切手、銀行引き落としのみを受け付けている。

出典:ニューヨークの幼稚園でビットコイン決済可能に、クレジットカードはNG

金の魅力が低下!?

鉱物のひとつである「金」と言えば、価格上昇で人気が高まっていますが、金よりもビットコインの方が価値があると考える人も出てきています。検索数も「金を購入」よりも「ビットコインを購入」が上回る結果に。

グーグル・トレンドによれば、「ビットコインを購入」の検索が、銀購入方法の検索を上回った後、「金を購入」も抜いた。ブリオンボールトのオンライン取引プラットフォームでは10月に金の取引高が過去12カ月平均と比較して30%余り落ち込んだ。

出典:ブルームバーグ「ビットコイン価格上昇で金の魅力低下」

2017年10月のニュース

中国のマイニング

中国でビットコイン(BTC)のマイニングが積極的に行われているようです。

ビットコインは、採掘によって常に新しい通貨が生まれている。効率的な採掘方法を発見すれば、ゴールドラッシュと同じように大儲けができる可能性がある。現在、中国では四川省、貴州省、内モンゴル自治区などに、大型のビットコイン採掘場が続々と誕生していると今日頭条が伝えた。

出典:sprout「中国でビットコイン採掘が活発な理由」

GMOインターネット

GMOインターネットがビットコイン(BTC)のマイニングに力を入れています。

日本の電気代が高いため、海外に拠点を置いているようです。

コンピューターの電気代を抑えるために、再生可能エネルギーを安く使える北欧のある国に、マイニング専用施設を建設している。電気代の高い日本ではできない事業という。建物とコンピューターへの投資は100億円で、早ければ2018年4月に稼働する。

出典:日本経済新聞「GMOのビットコイン採掘 独自半導体で」

まだまだありますが、後程更新します!