Twitterではいまいち反応がよろしくないイーサリアムクラシック。

どうして評判が良くないのか調べてみました。

暗号自由主義者の存在

とてもざっくりとした説明ですが、

以前、イーサリアムのハッキング問題が発生したした時に、イーサリアムがそのことを帳消しにしようとしたため、「もう誰も手が加えられない仮想通貨を作ろう」と言って出来上がったのが『イーサリアムクラシック』でした。

当初は「ブロックチェーンもいじりません。もう何もしません。」と言う理念でイーサリアムクラシックが開始され、この考え方が暗号自由主義者に支援されて、ピークの時には21億ドル(約20倍)にまで上昇し、仮想通貨の人気ランニングトップ10にも入りました。

しかし、誰も手を加えないはずのイーサリアムクラシックに何やら色々と行われているのではないかとの噂が浮上しました。

巷ではゴミくず呼ばわりされる始末(;´・ω・)

確かにこれが事実ならば、支援者を裏切ったことになるのでイーサリアムクラシックはヤバイですね。

11月のサミットに注目

2017年11月13日~14日に偉い人達が集まってイーサリアムクラシックの会議が行われるみたい。

Ethereum Classic Summit @ The Langham Hong Kong

わざわざカウントダウンまでされています。

何か重要な発表でもあるのでしょうか。

良くも悪くもドキドキです。

それでも私はholdyou

なんとなくですが、悪いニュースがあると上の人達が必死になるのか後から良いニュースも入ってきて、また、悪いニュースによってちょっと下がった時に皆が買うのか、とにかく「悪いニュースのち上昇」の傾向にあるような気もします。ポジティブニュースはもれなく上昇。どっちにしろ上がっているor元に戻っている?

繰り返しますが仮想通貨に明確なロジックはありません。どんなに頭の良い人が有益な情報を発信しても、状況はコロコロと変わることもあります。企業の方針、規制や法律で内部・外部から変わることもあります。

だから、ネガティブ情報にビクビクしたり、一時的な現象で損切りを繰り返しているとしんどいと思います(信用取引・正規の短期トレードは除く)。だからこそ私は持ち続けますよー。

落ちても無くなっても良いんです。

ショックでもなんでもない。

この精神が一番楽ですし、怯える暇があったら仕組みや世の中の動きを見て勉強した方が面白い。

ゆくゆくは仮想通貨も世界も統合されるかもしれませんね。

結論:イーサリアムクラシックはちょっと怪しいかもしれないけれど、それでも私はholdyou。

仮想通貨な日々

改めまして、ド田舎でフリーランスをしているYUMI♪です。

実家は東京の世田谷です。

この間、お兄ちゃんと釣りに行ってきました。

「仮想通貨が上がりますように!」のポーズをする兄と、その姿を撮影する私を撮影された私です。

…仮想通貨よりも兄の飛躍を応援すべきなのかもしれません。