気になるICOをピックアップ!

巷で噂のヒーロートークン(HERO)について、好材料や口コミ、上場先など様々な情報をまとめてみました。

ヒーロートークン(HERO)とは?

東南アジアではインターネットが普及しつつあるものの、融資を受けることが非常に困難な状況です。融資を得られないと満足に学校に通えず、ビジネスチャンスも得られません。お金を借りられたとしても非常に高い金利を支払うことになります。
そこで、ヒーロートークンの登場です。

ヒーロートークンは下記のような仕組みになっています。

・品物を質に入れる
⇒ SNS等の評価から与信スコアを査定
⇒0点なら質入れのみを対象に融資
⇒1点以上なら無担保ローンを受けることが可能
⇒ローンを返済したら与信が上がり、より高額・低利での融資が可能に
フィリピンのネット質屋「PawnHero」のICOが有望だと思う

↑*自動翻訳により不自然な日本語になっていますが、通常はきちんとした英語表記です。

ヒーロートークンは融資が得られない人へチャンスを与える機能を目指しています。

一言で表すと、ヒーロートークンは金融系のICOであり、「東南アジアを救うためのトークン」です。

ヒーロートークンの好材料

・保有者へ最大20%の利益配分が与えられる。

ソフトバンクアリババから支持を得ている。

・2018年3月9日にクリプトスへ上場予定。
(尚、クリプトスへ日本人は登録できない模様。)

・世界数か国でビジネスアワードを受賞

HEROトークンセールが2018年2月1日に始まる前に、皆さんにお知らせしたいと思っているエキサイティングな発表があります。
HEROトークンは2018年3月9日からQRYPTOS(クリプトス)に掲載されます。
QRYPTOS(クリプトス)はZEC、BTC、XRP、ETH、ETC、LTC、XMRをサポートする仮想通貨取引所です。

写真にはなぜか「QUOINEX(コインエクスチェンジ)のCEO栢森さんの写真も掲載されておりますね。

【HERO ico】仮想通貨ヒーローはアリババが出資トークン!クリプトス上場確定!買い方

このように、ヒーロートークンは上場先が既に予定されており、大手からの支援もあるICOです。

寄付も行っています。

 

ヒーロートークン(HERO)のテレグラムもあります。

ヒーロートークンは怪しいのか?

一部では、「詐欺師がヒーロートークンを勧めている」と言われています。

「特別な枠がある」と言って変な勧誘をしている人たちのことを指しているのかもしれませんが、個人的には「ヒーロートークン自体は悪質なICOには見えない」との印象です。

それに、「怪しい」「怖い」と言われるものほど期待できる部分もあります。インダハッシュも同様に色々と言われていましたが、結果的には大正解でした(∩´∀`)∩♪

ヒーロートークンの購入方法

プレセールは終了していますが、一般セールが2018年2月1日21時(日本時間)から開始されます。

必ず公式サイトから登録することをおすすめします。

ヒーロートークンの登録方法

公式サイトから直ぐに登録ができます。

1.ユーザーネームを入力する(ニックネーム可/ログイン時にも使うのでメモしておきましょう)。

2.メールアドレスを入力する。

3.パスワードを入力する(Confirm passwordに同じパスワードを入力する/パスワードはしっかりとメモをしておきましょう)。

4.First nameが名前(例:太郎)で、Last Nameが名字(例:山田)です。パスポートなどの身分証明書と同じように「TAROU」と大文字で入力しましょう。

5.緑色のバーをクリックしてイーサリアムアドレスを入力して完了です(秘密鍵を入力しないよう注意しましょう)。

6.KYC(身分証明・アカウント情報入力)を済ませて購入のタイミングを待つのみ!

ヒーロートークンに関する動画

ブルームバーグのインタビューにも出演しています。

ヒーロートークンに関するリンク

ヒーロートークン公式サイト

PawnHeroのサイト

ヒーロートークンへ投資すべき?

ソフトバンクとアリババ等が関わっている点、そして金融系のICOである点から、個人的には「有望なICO」だと思います。ICOトークンは直ぐに売り切れてしまうこともあるのでドキドキです。上場先や状況にもよりますが、中長期・長期的な投資となる可能性もあります。それでも充分に価値のある投資先なのではないでしょうか。