今日もお勉強!

mijinブロックチェーンが導入されることによって得られるメリットとは?

ざっくり概要

鹿・猪(ジビエ)は環境破壊の原因にもなっている。

農林業への被害額はなんと200億円!

鹿や猪を退治するだけでなく、食用として活用しよう!

ところがどっこい、産地などの情報を偽る奴がいるではないか!

そこでmijinブロックチェーンの登場じゃー!(∩´∀`)∩◎彡

偽りのない情報が得られる

mijinブロックチェーンが導入されることで情報が改ざんできなくなる。

仮に情報元が虚偽の内容を入れたとしても犯人が直ぐに分かってしまうし、何のメリットも得られない。

まさに最強のバリアなのでーす!

出典:日本初!ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンを本採用

ちなみに、ジビエはフランス語のgibierからきているよ♪

ジビエ料理って聞いたことあるよね(*´ω`*)♪

仮想通貨への好材料

ジビエ食肉流通トレーサビリティへのmijinブロックチェーン導入は今のところテスト段階。

確認ができたら、全国へ展開する予定です。

この技術に関係している仮想通貨は、NEM(XEM)、Zaif(ザイフ)、COMSA(コムサ)です。

mijinはnemのプライベートチェーン版。mijinで出来ることは基本的にはnemでも出来る、という見方ができます。ですので、mijinが実社会での採用例が増えるほど、「じゃぁnemでも同じようなことが出来るよね」「mijinの採用例を応用すればnemでこういう事もできるのでは?」という判断になりやすいのではないかと考えます。今回のニュースは直接的にはnemに関係しませんが、間接的には将来的に良い材料として捉えています。

出典:nemホルダーに朗報、mijinブロックチェーンがジビエ食肉流通トレーサビリティに採用

ネムに関してはマナさんのお墨付き。

COMSAの日本語サイトでもこのニュースが通知されていました。

仮想通貨は株と似たところがあるので、関連している企業もチェックしておきましょう。

参考資料:日本初!ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンを本採用

まとめ

たちまち仮想通貨の変動が期待できるニュースではありませんが、プラスのニュースもあるよということで(*´ω`*)♪

みんな色んなことを考えて頑張っているんだ。応援しようじゃないか。