ついに、太陽光発電に関する仮想通貨が登場しました!

「ソーラーコイン(SolarCoin)」とは、2014年に開発されたコインで、ソーラーコイン機構が管理しているデジタル資産です。カードを使ってお買い物をした時にポイントが貰えますよね。それと同じように、太陽光発電を利用することでソーラーコインが貰える時代がやってきました。

ソーラーコインの目的

もちろん、太陽光発電を促進するためです。

2018年末までには本格的にサービスを開始する予定だそうです。

2018年1月末時点では、ソーラーコインは215ヵ国のうち54ヵ国で付与されています(日本も含まれています)。

発電量1メガワットごとに1ソーラーコインが受け取れる
宇宙と地球を行き来する暗号通貨「ソーラーコイン」

ソーラーコインの特徴

・総発行数は97.5億枚。

・通貨としての機能はない。

・他の仮想通貨に交換できる予定。

・23ヵ国のメディアでも紹介されている。

・宇宙と地球を行き来する世界で初めての仮想通貨。

「(ソーラーコイン・ファウンデーションは)スペースベルト・ネットワーク上のストレージを取得することで、コールド・ストレージ・スペースの安全な管理と、同社が保有する50億ドル分のソーラーコイン通貨の保護が可能になります。運用が始まれば、ソーラーコインは地球と宇宙を行き来する世界初の通貨となるでしょう」

スペースベルトは、衛星を使った事業のスタートアップ、Cloud Constellation(クラウド・コンステレーション)が計画しているサーヴィスで、2025年までに軌道を周回する衛星上でデータの通信・処理・保管を行うというものだ。

宇宙と地球を行き来する暗号通貨「ソーラーコイン」

ソーラーコインは発行枚数に余裕があるので、太陽光発電所有者へのソーラーコインの配給を長期的に行うことが出来ます。

ソーラーコインを手に入れる方法

日本でソーラーコインを手に入れるには日本ソーラーコイン協会への登録申請が必要です。

以下、ソーラーコイン協会様から頂いたコメント内容です。

ソーラーコインの申請は、ソーラーコイン機構に直接申請しても、ソーラーコインの配給を受けることは出来ません。理由は、①ソーラーコイン機構が日本語をチェック出来ない②申請内容を、第三者がチェックしていないからです。

日本ソーラーコイン協会は、日本国内の皆様のソーラーコイン申請内容のチェックを行いソーラーコイン機構にデータ送信を行っております。

発電によるソーラーコイン取得をご希望の際日本ソーラーコイン協会へご入会いただくとスムーズにソーラーコインの取得が可能です。

ソーラーコインの受け取りをご希望の方はソーラーコイン協会へ入会しておきましょう。

日本ソーラーコイン協会とは?

日本ソーラーコイン協会とは、ソーラーコインの正規申請代行機関です。ソーラーコイン機構(公式サイト)では日本語での対応や申請が困難です。そのため、日本ソーラーコイン協会が立ち上がりました。

2018年4月までに仮申し込みをすれば無料で入会できます。

入会の際は太陽光発電に関する書類も用意しておきましょう。

いくつ登録できるの?

1つまたは複数の太陽施設を登録することができます。法人・個人問わず登録が可能です。

配給される量と期間は?

1年間で、1kwあたり1.314SLRのコインが貰えます。

適用されるのはいつから?

施設の設置日または2010年1月1日に遡って適用されます。継続的なSLR付与は、施設の設置月に基づいて6ヶ月ごとに行われます。

提携・上場の予定は?

2018年1月にサウジアラビアの電力会社「ACWAパワー社」がソーラーコインを採用しました。

詳細は不明ですが、ソーラーコインの公式サイトにはコインデスク等のロゴが表示されています。

ソーラーコインに関する記事

宇宙で使える仮想通貨!?「ソーラーコイン」について調べてみた

ソーラーコインへ投資すべきか?

太陽光発電に興味があり、資金に余裕のある人は投資してみるのも良いのではないでしょうか。投資する場合は長期型になると思います。

2018年末からサービス開始とのことですが、公式サイトはまだ不完全な部分があります。絶対に投資すべきICOとは言い難いですが、未来的な発想は結構好みです。

公式サイト

ソーラーコイン機構(海外公式サイト):SolarCoin

ソーラーコイン機構の対応言語は英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語です。

日本ソーラーコイン協会はこちら